花粉症対策

今頃になるとだんだん気になってくるのが花粉。
くしゃみや咳、発熱、のどの痛みなど人によって症状は様々。とてもつらいですよね。
日本では花粉症にならなかった人もベルギーに来てから花粉症になる方がいらっしゃいますが、それは反応している植物花粉が日本と違うからかもしれません。
緯度の高いこちらで多く聞かれるのが白樺の花粉。
この花粉アレルギーのある方は、花粉が舞う期間中にバラ科の果物(リンゴ、桃、サクランボ)を生で食べるとアレルギー反応(唇が腫れる等)が出やすいそうです。
このような症状が出始めたらまずは医師の診断を受けましょう。簡単な血液検査でどの植物に反応しているか分かります。
一般に花粉症の方が医師から処方される薬はCétrizine, Zyrtecなど処方箋なしでも購入出来る薬なのですが、とても強く眠気を誘うものが多いです。
こういった薬が苦手な方にオススメなのがEqui-Nutriの植物性エキス。


Equi-Nutriはベルギーの植物性の健康食品の会社です。このエキスはEqui-NutriのComplexe(コンプレックス – 複合)シリーズの内の一品でFortibelというカシス、ジュニパーベリー、ガマズミの新芽のエキスで、これを症状により5〜10滴を純水やミネラルウォーターで薄めて食事時以外に飲みます。
花粉シーズンが始まる2か月ぐらい前からこのエキスを毎日飲んでおく事で体に抗体ができ、花粉の季節につらい症状を軽減出来ます。
ちなみに薬ではありませんので、オーガニックショップなどで購入する事が出来ます。
さらに、のどや鼻がイガイガする時は、ぬるま湯に海水塩を混ぜたもので鼻うがいをしてみましょう。
また、薬局にはフランスやベルギーの家庭には必ず1本は常備されているStérimar(ステリマール)という海水がベースの鼻洗浄用のスプレーが売っています。


細長いノズルを鼻に入れて海水をシューッと噴射させ、そのタイミングで鼻から息を吸います。そうすると海水が口の中に降りてくるのでそれを吐き出したり鼻をかみます(飲み込んでしまわないように注意!)。少々荒療治ですが効き目あり。
鼻うがいをするのが難しいなと思ったらこちらをお試しになってはいかがでしょうか。
どれもとてもシンプルな方法ですが効果的です。日頃の細かいケアで花粉の季節を乗り切りましょう!

関連記事

  1. 引っ越しする時の耳寄り情報

  2. 病気・怪我・妊娠・出産

  3. 緊急時の連絡リスト

  4. 住居トラブル

  5. スリや置き引き

  6. ストライキ

  7. 盗難・空き巣

  8. 引っ越し

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。